重要無形文化財 小千谷縮・越後上布 技術保存同人会 ユネスコ世界無形文化遺産登録

よくある質問

1. 重要無形文化財小千谷縮と重要無形文化財越後上布の違いは何ですか?
両方とも平織りですが、小千谷縮には、緯糸に強い撚りをかけて、強い撚りの糸は、水に濡らすと撚りを戻す性質を利用して、布の表面に『しぼ』と呼ばれる、凹凸がみられます。
小千谷縮

小千谷縮

越後上布

越後上布

2. 重要無形文化財に指定されている以外にも小千谷縮や越後上布もあると聞きましたが。
前述の5つの指定要件を満たしたものが重要無形文化財に指定されるわけですが、これ以外にも、経糸に機械紡績の麻糸を使用し、緯糸の全部または一部を手績みの麻糸を使用した、小千谷縮寿(ことぶき)や古代(こだい)越後上布があります。さらに、経糸と緯糸の全てに機械紡績糸を使用した機械で織り上げた製品もあります。
3. 『苧麻(ちょま)』と『青苧(あおそ)』と『からむし』の違いは何ですか?
苧麻とからむしは同じものです。麻の一種で、イラクサ科の多年草です。この苧麻から繊維を取り出したものが青苧です。繊維を取り出してしばらくは青い色を保っているからだと思います。原料供給地の福島県昭和村では、からむし。越後魚沼地方では苧麻という言い方が多いです。
4. 一日にどれ位の糸を績むことができますか?
糸の太さに因りますが、ベテランの人で一日5~6グラムです。一年におおよそ1反分の糸を績みますが、ほぼ毎日績んでいる人は1年で2反分の糸を績みます。
5. 一日にどれ位織ることができますか?
無地、縞(しま)、絣(かすり)で異なります。絣で、文様の細かさにも因りますが、15センチから20センチ位です。1反が約14メートル位ですので、2~3ヶ月で1反織りあがることになります。
6. 経糸は、何本ですか?
糸の太さや、絣文様の細かさに因りますが、約1,000本から1,400本です。
7. いくら位するのですか?
小売価格でおおよそ無形文化財の着尺で数百万円~
             無形文化財の帯で数十万円~
             小千谷縮寿、古代越後上布で数十万円~
             全て機械紡績糸の小千谷縮や越後上布で数万円~
  (無地、縞、絣により、かなりの値段の開きがあります。)
8. 一年間の生産反数はどのくらいですか?
平成24年度の無形文化財の着尺の生産反数は、33反です。
                       (越後上布30反、小千谷縮3反)
9. 雪晒の日数は?
色合いや天候によりますが、2~3日から1週間位です。尚、生成りの色を生かした織物を雪晒をすると白くなってしまいますので、全ての織物を雪ざらしする訳ではありません。
ページトップへ戻る